時計ブランド一覧
  • CORUM
  • A.LANGE&SOHNE
  • HERMES
  • JACOB&Co
  • ORIS
  • AUDEMARS PIGUET
  • BAUME&MERCIER
  • PIAGE
  • SEIKO
  • DE GRISOGONO
  • TIFFANY&CO.
  • MAURICE LACROIX
  • Ebel
  • Blancpain
  • GUCCI
  • Nubeo
  • LOUISVUITTON
  • TUDOR
  • CHAUMET
  • GIRARD PERREGAUX
  • RICHARD MILLE
  • MONTBLANC
  • JUNGHANS
  • CLERC
  • PATEKPHILIPPE
  • GIULIANO MAZZUOLI
  • Christian Dior
  • TUTIMA
  • Chronoswiss
  • Glashutte Original
  • Alain Silberstein
  • LONGINES
  • Hamilton
  • ULYSSE NARDIN
  • AQUANAUTIC
  • FREDERIQUE CONSTANT
  • GRAHAM
  • BALL WATCH
  • JAEGERLECOULTRE
  • PORSCHE DESIGN
  • VACHERON CONSTANTIN
バッグブランド一覧
  • CELINE
  • GOYARD
  • MIUMIU
  • BOTTEGA VENETA
  • Christian Dior
財布ブランド一覧
  • CHROME HEARTS
  • CELINE
  • BOTTEGA VENETA
  • SAINT LAURENT
  • Christian Dior

コピー商品の種類と見分け方

コピーものの時計の修理について

海外でブランド時計のコピー時計を購入して、故障したから直したなんて話は聞いたことがありません。みんな壊れたら終わりです。

販売業者は『ギャランティOK!』なんて言いますが、なんか理由を付けて直さないか時間をくれっていってそのままスルーするに決まってます。

いずれにしても、故障したコピー時計を修理してもらえる保証なんてほとんどゼロに近いです。

(www.YSALETOOSS.COM/弊社すべてのブランド時計コピーは2年品質保証,商品の故障、すべて当店を戻して修理します!)

 

コピー製品には、誰が見ても偽物だと分かる物から、材料の質、機械の性能が本物と同等で精巧に作られた物まで、以下のようなランクがあります。精巧なコピーの代名詞である「SS品」と言われるものでも、本物の仕上げには及ばないため、見分け方を知っている人ならば偽物だと分かります。あなたがコピー製品を持ち歩いていたら、必ず誰かがコピーだと見破っています。

コピー時計の等級とは

ブランドコピー時計は等級があり
N級品,S級品,A級品の3種類に分けられます。それぞれ説明していきますね。

 N級品

國內外NO.1一 番のスーパーコピーブランド時計専門店!弊社は 全て最高な材料と 優れた技術で造られて、正規と比べて、品質が無差別です,(1:1)最高品質の模倣品です。

 S級品

スーパーコピーのSからS級と言われています。S級品もしくは、SS級品
が最高級クラスでした。タイで業者のタイ人のが日本語で『エスキュー』というくらい浸透しています。素人では判別するのは難しいです。

A級品
粗悪品です。なんちゃってブランド時計の偽物なので、細かい部分は全然つくりが雑です。素人で偽物と判別できます。

それでは、

A品とは、誰が見ても粗悪さがわかる程度のもので、大量に出回っています。材料の質が低く、バッグは、人工皮革を使用しています。時計もバッグも金属部品の材質、加工技術の粗悪さが目立ちすぐに偽物だとばれるレベルです。持ち歩くのが恥ずかしい物と考えてください。

S品とは、天然の革を使用していますが、そのランクは低いものです。革の経年変化は著しく使っていると本物ではあり得ないほどに変色します。時計では日本製のムーブメントを使用しておりますが、金属部分の品質が明らかに低く本物には及びません。

高級な天然革を使用していますが、ブランドが使用しているものよりランクが落ちます。金属部分、刻印なども本物とは違いますので、よく観察すれば、コピー商品だと分かります。時計ではスイス製のムーブメントを使用していて、クロノなども精巧に動きます。 精巧に作られたコピーです。バッグの場合、材料は、革も金属もブランドがセレクトして使用している物と同じ物を使用しています。プリントや縫製も本物同等の仕上げで、普通の人にはなかなか本物と見分けがつかないレベルですが、本物を愛して使っている人が見ればその差は明らかです。時計ではスイスのETAなど高級ムーブメントを使用していますが、文字盤、金属部分の仕上げなどが本物とは微妙に違います。



バッグの見分け方

内ポケットの形状や縫い目、ファスナーやスナップボタンの刻印の形状・革の質感など見れば、本物との違いは明らかです。また、ヴィトンのバッグには必ず製造番号が表示されています。その表示がなければ偽物ですし、製造番号が表記されていても書体が違う場合もあります。

【ルイ・ヴィトンの場合】LOUIS VUITTONのロゴ。本物は「L」と「T」の横棒が極端に短く「O」は真円です。コピー商品は「Rマーク」や小文字の「a」「e」がつぶれて見え、書体も少し違います。マルチカラー製品など個数限定のものは、入手困難ですので、オークションなどで大量に見かけた場合には、すべてコピー商品と思ってよいでしょう。モノグラムやエピシリーズのコピー商品が多く出回っていますが、モノグラムの場合柄が均等に並んでいないものはすべてコピー商品です。

時計の見分け方

【ロレックスの場合】そのほか、ブレスを外した場所にあるリファレンスナンバーとシリアルナンバーを確認する方法があります。コピー商品の場合何の表記もない場合もありますし刻印の入り方が違います。正規品は打刻という手法でナンバーを入れるのですが、コピー商品はレーザー刻印という手法で削ってナンバーを入れています。

秒針が1秒刻みに顎いているようなものは中国製や日本製のムーブメントを使った粗悪なコピーです。本物はスムーズに流れていきます。ETAムーブメントなどを使用したスーパーコピーの場合でも、金属部分の材質や研磨仕上げが本物とは明らかにに違います。

偽物が多く出回っていると言われるのがロレックスです。文字盤の王冠とROLEXのロゴがプリントされたものならばコピー商品です。本物はペンキで塗られています。また、コピー商品のロゴは、王冠マークの形が少し違っていたり、少し傾いています。王冠の下に書かれているROLEXの文字が若干太めまたは細めになっています。








【その他】 リューズを巻き上げた時の感触も本物と偽物では違います。また、粗悪なコピー商品になると風防と呼ばれる時計のガラス面の素材が異なったり、リューズの幅が違う・時計本体のケース部分の厚みが違うなどが挙げられます。

宝石の見分け方

【エメラルドの場合】見た目に関して言えば、素人目には違いが分からないかもしれません。しかし、ルーペや顕微鏡などで見ると、石の中の内包物が不自然な場合があります。エメラルドには「三相インクルージョン」といった、気体・液体・個体の3つを内包した様子が確認できるのですが、コピー商品にはそのうちの1つが無かったりします。


【サファイアの場合】 コピー商品のサファイアもエメラルド同様、内包物や石の中のキズの入り方が本物と違っています。またコピー商品の場合は、カットの角度が少し柔らかかったり、研磨が少々雑であったりするのですが、こちらも残念ながら経験豊富な鑑定士でないと判断できないでしょう。

骨董の見分け方

【象牙の場合】 象牙の真贋 コピー商品は、手触りがツルツルしていて、断面図や側面に縞模様がありません。また、不自然な短い筋がたくさんついている模様がある場合も、コピー商品です。本物は、断面にくっきりと年輪のような縞模様があり、手触りもザラザラしています。



 

偽物ロレックスの見分け方,実際に購入したブランド時計のコピー商品を紹介します! 

今回のテーマは、「ロレックススーパーコピーエクスプローラーの見分け方」について。

さらに、その作りは年々精巧になっており、素人の目で見分けることが非常に難しいです。

そこで今回、本物のロレックスと偽物のロレックスの見分け方のポイントをまとめることにしました!
ぜひお持ちのロレックスをお手元に置いて、チェックしてみてくださいね。

 

 エクスプローラーⅠの偽物

最初に検証するのは、エクスプローラーⅠです。

エクスプローラーⅠとは・・・

黒の文字盤に3本の針という、非常にベーシックな時計。
フォーマルにもカジュアルにも使える定番中の定番で、ロレックスの入門的なモデル。
ロレックスの中で最も人気が高い。

― こちらが「エクスプローラーⅠ」ですね。

どちらが本物でどちらかが偽物か、わかりますか?


 シャープさがない
まず、時計ケースのアップの写真を見てください。

 《 本物 》

 

 《 偽物 》

一方が本物、もう一方が偽物なのですが、パッと見では、違いがわかりません。
よくできているな・・・と思います。

しかし王冠マークに注目してみてください。

偽物の王冠が大きく、文字がやや太いです。

ブレスとのつなぎ目、ラグと呼ばれる部分も、偽物のほうがちょっとだけ太いようです。

全体的に見て、偽物はシャープさに欠けるところがあります。


 王冠マークと「ROLEX」という文字のバランス

さらに文字盤を拡大してみてみましょう。

 《 本物 》

《 偽物 》

王冠マークとROLEXの文字の太さは、見比べてみると違いがよくわかると思います。

もっと拡大してみてみましょう。

 《 本物 》
 《 偽物 》

どうです?
偽物のほうが、文字がぼやけていて、不鮮明ですよね。

本物は文字がシャープな線で描かれていて、くっきりしています。

文字をにじませずにシャープな線で書くには、高度な技術が必要です。

プロの職人が丁寧に作っているということがわかります。

それに対して、偽物は技術を持っていない職人が作ったものなのでしょう。

同じように描こうとしても、技術が伴っていないので、振るわない出来となるのです。


 数字のバランス

文字盤の「9」の部分を見てください。

 《 本物 》
 《 偽物 》

もっと拡大してみましょう。

 《 本物 》
 《 偽物 》

数字の内側の白い部分は夜光塗料です。(暗闇でも文字盤が光ります)

よく見ると、この描き方が、偽物のほうは雑なのです。

赤丸の部分に注目して下さい。
塗料と銀色の隙間の間隔のバランスが悪いです。片側にずれていますね。

本物のほうがキレイな間隔で描かれています。これはプロの仕事だということが分かります。


 夜光塗料の量

こちらは文字盤の「△」の記号を拡大したものです。

 《 本物 》

 

 《 偽物 》

この「△」の中にも、夜光塗料が使われています。

偽物は、夜光塗料の量が少ないですよね。塗り方も雑で、やや淵がにじんでいます。

本物のほうは、縁までたっぷりと塗料が使われていますが、きれいに塗られています。

さすがプロの職人技といったところでしょう。


 ガラス面の王冠の映り込み

今度は文字盤の数字、「6」の部分に注目してください。

 《 本物 》
 《 偽物 》

書体がやや違うことがわかると思いますが、それはちょっと置いておいて…。

さらに拡大してみましょう。

 《 本物 》
 《 偽物 》
偽物の「6」の下の部分に、うっすら王冠マークが見えるのがわかると思います。

2000年以降のロレックスの時計には、文字盤のガラスの中に王冠の透かしマークが刻印されています。

この王冠マークの刻印は、本来、肉眼では確認しづらく、横からルーペで確認してはじめてわかる印です。

しかし、この偽物は王冠マークが思いっきり写り込んでいますよね。ちょっと作りこみ過ぎてしまったのでしょう。


 ブレスの「王冠マーク」の刻印

 つづいて、腕に巻くブレス部分に注目してみましょう。

ロレックスは、ブレスの部分にもシンボルの王冠マークが刻印されています。
本物と偽物の違いがわかるでしょうか?

 《 本物 》
 《 偽物 》

もっと拡大してみましょう。

 《 本物 》
 《 偽物 》

本物のほうが、ふっくらしていますよね?下の楕円部分の形も違います。

本物はプロの職人によって、王冠の凹凸が巧みに彫られています。

偽物は王冠の凹凸がなく、平べったい彫り込み。

技術の差が歴然と出ていますね。


 ベルトの内側の刻印

ベルトのバックルの内側もみてみましょう。

 《 本物 》
 《 偽物 》

ROLEXという文字の上に、こちらも王冠マークの刻印があります。

さらに拡大して見てください。

 《 本物 》
 《 偽物 》

 偽物のほうは立体感がなくて、平べったいのがわかると思います。


 リューズの王冠マークとエッジ

つづいてリューズ(ネジの部分)にも注目してみましょう。
これも偽物と本物を比べると違います。

 《 本物 》

 《 偽物 》

 

拡大して、リューズのギザギザ部分に注目して下さい。

 《 本物 》
 《 偽物 》

 先端の形が違いますよね。偽物のほうは微妙に先端が尖っています。

偽物のように尖っていると、指先に負担がかかって、巻きにくいんです。

プロの職人は使い心地にこだわって作りますから、「尖らせ過ぎず、巻きやすい」リューズが特徴です。

こんな細かいところにも、プロとの違いが出ているわけです。


 使われているパーツそのものが違う

こちらはケースとベルトのつなぎ目を裏側から見た写真です。

 《 本物 》

 《 偽物 》

 

ケースとベルトのつなぎ目の内側には、とても小さなバネ棒と呼ばれる部品が入っています。

両者を比べると、形が違うバネ棒が使われていますね。

このように偽物には、本物とはまったく違う形の部品が使われていることがあります。

偽物に使われているのは、市販品の時計に良く使われている安価なバネ棒です。
ネジの部分が露出していますね。


デザインを損ねるネジ

今度は、ベルトを側面から見てみましょう。

ネジ止めしてある部分にご注目ください。

 《 本物 》

 《 偽物 》

 

どちらも小さなマイナスドライバで回せるネジが使われています。

しかし、本物と偽物ではネジの溝の太さが違います。

これでは同じ工具を使うことができません。

また、偽物はネジが非常に目立っていて、デザインを台無しにしています。

対して本物は、ネジ部分が主張しすぎないので、スタイリッシュな印象です。

見た目のバランスを損なわないように作られていることも、良い時計の条件なのです。

 

 見た目以外に本物と偽物を見分けるポイント

― 見た目以外にも、本物と偽物では違いがあるでしょうか?

はい。次のような点を確かめると、違いがわかります。

本体に耳を当てると、本物は機械時計のムーブメントが発する「シュルシュル」という独特の音がします。

偽物の場合、小石が中に入りこんだような「カラカラ」と乾いた音がします。

手触り

本物は手触りや、つけ心地にこだわりがあります。

ユーザーが心地いいと感じられるように作りになっているのです。

たとえば、直接 肌に触れた感触、リューズのギザギザなど、本物は丁寧に磨きがかけられていて、柔らかく滑らかです。

査定担当者ならば、触った感触でわかります。

― 今回見てきた偽物は、素人が見分けるには非常に難しいようですが?

そうですね。

偽物といってもピンキリで、なかにはかなり精巧に作られているものもありますから。

高ければ高いほど細部にこだわった作りになり、本物と見分けがつきにくくなります。

しかし、今回申し上げたようなポイントに注意してみてください。

材料や作りが安っぽい印象
裏側に粗がある
使い心地・付け心地が悪い
究極を申し上げると、本物には本物にしかない「輝き」「品」があります。

それを見極めるには「勘」も必要です。

 弊店はスーパーコピー優良店「口コミで高評価」、採用最も高級な材料,本物と見分けがつかないぐらい.ブランド時計 コピーサイズ調整をご提供しております,完璧なスーパーコピーブランドN級品を経営しており ます。

前の:「ロイヤル オーク オフショア」が、さらなるクリエイションを発揮|AUDEMARS PIGUET

次の:エレガントな“ピンクが溢れる”バレンタイン限定ウォッチ|BREGUET